朋について

工房朋は、奈良市内の閑静な住宅街で約15名のスタッフとともに、日々人形制作に明け暮れております。
胡粉と膠(にかわ)という伝統的な素材を用いて、女の子が昔から身近に置いて愛してきた市松人形を中心に洋服を着た人形(洋服を脱がせて代わりに着物を着せることもできます)、小ぶりで対にすると雛人形にもなる人形など、いろいろな創作人形を作っております。
素材を練り合わせる、頭(かしら)をつくる、顔を描く、着物を裁つ、着物を縫う、着付けをする……。主宰者のイメージと細かい指示に沿いながら、みんな一生懸命に、そして愉しく仕事をしております。

もっとも伝統的であることが、そのまま現在の感性にかなうことができればと願って……。

主宰者 森重春幸

【略歴】
1947年 大阪に生まれる。
北海道大学農学部卒業後、高校社会科教師・予備校教師を経て、30代なかばで人形の素材である胡粉と出会ったことにより人形制作を志し、製作技術を学ぶ。
1983年 奈良市登美が丘に「工房朋」を設立。以後、全国各地の百貨店、ギャラリーで個展を開催。
作品集に『市松人形たち』(毎日新聞社)、
『市松人形 Dolls To Remember』(講談社インターナショナル)がある。

先頭へ戻る